知っておきたい家族婚の豆知識!アットホームな家族と祝う結婚式をしたい人は必見

当サイトは知っておきたい家族婚の豆知識を解説しています。
これからアットホームな家族と祝う結婚式をしたい人は必見の内容となっているので、ぜひチェックしてみてください。
家族ウェディングでの挙式で利用されている会場にはどういったものがあるのか分からない人にもおすすめです。
家族のみのウェディングでは結婚披露宴をするべきなのか、という疑問点も解説しています。
新郎新婦にとって大切な人たちと素敵な時間を過ごすためにもおすすめです。

知っておきたい家族婚の豆知識!アットホームな家族と祝う結婚式をしたい人は必見

結婚式をするときにはゲストとの距離が近い、アットホームな雰囲気のウェディングを希望している人は多いのではないでしょうか。
そのような場合におすすめなのが、主に家族を招待する家族婚です。
ゲストと新郎新婦との隔たりがなく、家族同士も交流しやすい雰囲気になるのが魅力です。
互いに紹介する内容を演出に取り入れると、ゲスト同士が自然に交流できるというメリットがあります。
アットホームな家族婚にすることができるはずです。

そもそも家族婚とは?一般的な結婚式との違い

家族婚とは、新郎新婦の家族と親族だけを招待して行う結婚式のことです。
一般的な結婚式では新郎新婦の職場の同僚や友人なども招待して大人数で行います。
新型コロナウイルス流行下では、感染拡大のリスクが少ないことから家族婚が増えています。
また家庭的な雰囲気をつくり、家族と親戚の絆を深めたいケースに選ばれる傾向があります。
家族婚になると出席者の数が減りますが、決まった形式はありません。
挙式と披露宴、挙式のみ、披露宴のみの3パターンが一般的です。
挙式と披露宴は同じ場所で行うカップルも多く、高齢の家族や親族も出席しやすい点がメリットです。
家族婚とは違い一般の披露宴ではムービーを流すなどすることが多いですが、家族婚では少人数だからできることもあります。
家族と親族のメンバー全員が自己紹介をして、挨拶をすることも可能です。
よくある形式を守る必要性が低くなりますから、さまざまなアイデアを活かすことができます。
十分な予算があるカップルは引き出物にこだわることが可能です。

家族婚はどんな流れのウェディング?

少人数での結婚式として近年注目を集めている家族婚は、どのような流れでおこなわれるのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
家族婚ウェディングをどのように行うかは、それぞれのカップルによって異なります。
挙式のみをしたり、挙式後に会食や披露宴もしたりすることもあるのが特徴です。
一般的に新郎新婦は挙式の2時間ほど前に会場に入って準備を始めることが多いようです。
挙式の内容は一般的な結婚式と変わらず、指輪の交換やウェディングキスなどをして退場した後には、フラワーシャワーやブーケトスをしたりもします。
家族婚でも挙式後に会食や披露宴をする場合には、披露宴の会場に移動してゲストが先に席に着き、その後新郎新婦が入場する流れになっているのが一般的です。
会食や披露宴では、新郎新婦の希望によりプロの司会者に進行を任せることができます。
一般的な結婚式よりも規模は小さいながらも、結婚の記念となるような演出を取り入れることも多いです。

家族婚の演出を成功に導くためのポイント

結婚式自体のスタイルも種類が増えてきており、大規模な式だけでなくより人数を縮小したタイプの式も人気があります。
式プランとして家族婚があり、招待するゲストを家族のみに制限する結婚式もあります。
少人数だからこそ費用を節約できるだけでなく、家族だからこそより気兼ねなく楽しむ事ができる式にする事が可能です。
実際に家族婚でも演出など工夫する事が出来ますが、成功させるポイントとして家族の思い出を活用するという方法があります。
思い出の写真を利用したり歌を歌ったり、家族だからこそわかる内容を利用する事が特徴です。
誰もがわかるだけでなく思い出を振り返りながら、新たな家族でも今後思い出を気づいていく想いをこめる事が出来ます。
身内だからこそ知っている思い出なども利用することで、より盛り上げる事が出来ます。
実際に演出を考える際は必ず成功させようと意気込むのではなく、みんなで楽しめる事を優先することでより良い式にする事が可能です。

家族婚ではどんな料理でおもてなしをする?

おもに両家の家族のみが集まっておこなう家族婚では、どのような料理を提供することが出来るのか分からず不安に思う人もいるのではないでしょうか。
一般のウェディングと異なる点もある少人数の結婚式であるため、疑問に思われることも多いと思われます。
家族婚で出すことのできるメニューは、それぞれの会場によって異なっていますが基本的には一般的な結婚式と変わらないものが利用可能です。
例えば結婚式の定番であるフレンチや和洋折衷はもちろんのこと、中華やイタリアンなどといった種類が例に挙げられます。
さらに家族婚が可能な式場の中には新郎新婦の希望に合わせて、メニューの一部を変更することが可能となっていることも少なくありません。
また子供用やベジタリアン向けなどに対応していることもあります。
ただし式場によって内容や種類が異なることもあるので、招待するゲストの年齢や新郎新婦の希望・好みに合った料理を提供することができるところを選ぶのがお勧めです。

家族婚を妊婦がする際に知っておきたい知識

家族婚を考えているカップルで、女性が妊娠をしていて式について不安だと感じている人もいるでしょう。コロナ禍の今、思うように式を挙げることができなかったり、準備を進めていたのにスケジュール通りにいかず変更を余儀なくされてしまった人も多いです。家族婚を妊婦がする際に知っておきたい知識として、大切なポイントは、まず妊婦の女性側の体調です。普段の生活では何ともなくても、緊張によってつわりがひどくなったり、貧血の症状が出てしまう女性もいます。その時に、体調が悪くなったために周りに心配をかけてしまっては、大事な式に穴をあけたと、女性が気にしてしまう可能性もあります。妊娠の安定期に入れば、体調も安定することが多いので、時期を考えることが最も大事です。ドレスを選びにしてもお腹に負担がかからないような、ゆったりとしたデザインをおすすめします。式の時に何かあったら、すぐに声をかけられるように会場のスタッフの人にも事前の打ち合わせで相談しておくことがポイントです。

家族婚にお年寄りの親族を招待するときのポイント

少ない人数でアットホームな結婚式ができるとして人気の家族婚に、高齢の親族ゲストを招待しようと考えている人もいるのではないでしょうか。大勢のゲストを招待するのではない結婚式は、お年寄りの人を招待する場合にも安心感があるのでおすすめです。高齢の親族を招待するときには、来場しやすい立地を選ぶのがポイントの1つに挙げられます。あまり遠方の会場を選んでしまうと、訪れるのに負担が大きくなることが考えられるからです。また駅からのアクセスの良さに配慮するとスムーズに来場することができるのでおすすめです。年配の方が多い家族婚の会食や披露宴では、和テイストを取り入れた料理を選ぶのも良いでしょう。フレンチやイタリアンの場合にはナイフとフォークだけでなく、お箸を用意するよう手配しておくと良いかも知れません。家族婚の打ち合わせをする際に、事前に伝えておくと安心です。挙式は新郎新婦の希望に合うものを選ぶのが一番ですが、こだわりがないのなら神前式を選ぶのも良いかも知れません。

家族婚の当日に新郎新婦は何分前に会場入りするべき?

家族婚をするときに新郎新婦は会場に本番の何分前に行けばいいのか悩んでしまうかもしれませんが、会場入りをする時間は30分ぐらい前ぐらいで大丈夫だと考えられます。家族婚でもドレスなどを着ることはありますが、ドレスを着たりメイクをする場合は1時間前には会場入りしたほうがいいかもしれませんが、基本的には業者側に時間は事前に教えて貰える筈です。 家族婚は両親や兄弟などの親しい間柄の人達しか参加しないので、本格的なドレスなどを着ないケースもあります。そのような場合は時間もかかりませんから、そこまで早く会場に行く必要はありません。家族婚は自由度が高いので着る物にもそれぞれの違いがありますから、各自の状況で多少の違いがある筈です。業者側と事前に打ち合わせをする筈なので、そのときにどの程度の時間で行けばいいのかについても聞いておくと安心できます。どのような状況でも若干早めに到着しておいたほうが、余裕を持つことはできると考えられます。

家族婚でもチャペルを利用したキリスト教式は可能?

夫婦となるカップルのイベントとして結婚式がありますが、最近では結婚式自体のプランにも様々な種類があります。また式自体を行わず、フォトウェディングのみにする場合もあり費用を新婚旅行や新生活に利用するという事も多いです。そんな中で増えてきている式プランの1つに家族婚があり、小規模となる式スタイルとなっています。ゲストとして招待されるのが新郎新婦の家族のみであり、より限られた人数で行われる式スタイルです。小規模だからこそ式スタイルには制限があると思われがちですが、家族婚でもあってもチャペルでのキリスト教式を挙げる事な可能となっています。ただし利用するためには家族婚のプランを利用する必要があり、利用出来るチャペルなども制限がある事も多いです。絶対出来ないというわけではないので、sn'朗新婦の希望にそってプランを見つける事がポイントとなります。一般的な式に拘ることなく、自分達が希望する式を準備する事が重要といえます。

家族婚をアットホームにするためのコツ

家族婚をアットホームにするための方法として、ゲストにいろいろと役割をお願いして参加型の挙式にすると良いでしょう。親戚の子供にはフラワーガールやリングボーイをしてもらいます。ピアノが得意な親戚がいるなら、チャペルでの賛美歌の伴奏などをお願いするのもひとつです。受付も兄弟姉妹が担当する形にして、披露宴ではできるだけたくさんの人にスピーチで話してもらいましょう。何か出し物ができる人がいれば、早めに頼んで場を盛り上げます。 家族や身内だからこそ、頼みやすいのもあります。多くの人が参加することで、みんなが一団となって結婚式を楽しめるはずです。退屈することもなく、アットホームで笑いが絶えない家族婚になるに違いありません。 いろいろと依頼するにあたっては、準備も要るので早期に連絡することがマナーです。親戚や家族だからこそ、喜んで引き受けてくれるはずです。気心知れた家族で、親近感溢れる素敵な家族婚にしたいものです。

家族婚のメリットと会場の探し方について考える

昨今のコロナ禍で、盛大な披露宴を行うよりも家族婚を選択するカップルも増えています。
メリットとしては、結婚式にかかるお金を節約でき、新生活のためや新婚旅行にお金をかけることができることや、招待状の作成や披露宴の準備を省くことで比較的忙しいカップルでも式の準備が出来る所です。
そしてなにより、家族婚はゆっくりとお互いの両親や兄弟と過ごす時間がとれます。
けじめとして挙式だけでもあげてほしいという両親の想いをくむカップルもいます。
ブーケトスやファーストバイトといった結婚式の定番の演出をするのは難しい面もあるかもしれませんが、その分生い立ちムービーを長めにしたり、両親への手紙もじっくりと読むことができます。
今は少人数でも式を挙げる事が出来る会場も多数あるため、一度ブライダルフェアへ行ってみて相談するか、結婚式の相談ができるカウンターに行って自分たちの希望を伝える事も大切です。少人数で行う家族婚は、振り返ってみた時きっといい思い出が残るはずです。

少人数で行う家族婚だからこそ考えられるデメリット

アットホームな雰囲気な家族婚ではありますが、反対側から見たときのデメリットもあります。
一般的にウエディングは大勢のゲストを招く傾向がありますがその逆なので、少人数であることから結婚式会場はさほど多いとは言えません。
大小さまざまな規模の結婚式に柔軟に対応できるところや、プラン的にも小さい規模を最初から用意するところを選ぶと良いでしょう。
ゲストのご祝儀もその分だけ少ないため、トータル的な費用面としてご祝儀で補うのはいささか大変です。
つまり割高感が出てくるということ、予算面も照らし合わせて考える必要があります。
たくさん人数がいないだけに常にワイワイした雰囲気にはなりにくいのも家族婚ですから、演出や進行といった面でカバーできるように、事前にプランナーとも打ち合わせをしておくことです。
花嫁にとってお色直しは楽しみな一つですが、何度も席を立つと招待客だけに時間が長くなるため、気を遣ってしまうかもしれません。

招待客が限定されるからこそ考えられる家族婚のトラブル

何も問題なく進めば良いですが家族婚で考えられるトラブルとして、招待をしていない人たちへの配慮不足には気を付けることです。
招いた人はその場で祝福をしてくれますし、お礼の言葉を直接すぐに伝えることができます。
しかし浮かれた気分でいて幸せなのは良いことですが、招いてはいない人たちへの結婚報告が疎かになってしまうのは考えものです。
特に避けるべきなのは事後報告であり、何も聞かされなかった方としては気分はよくありません。
家族のみで結婚式を出すことは、事前に伝えておくようにします。また事前だけではなく家族婚を無事に終えることができたら、その報告も済ませておけばたいていの人は大丈夫です。
距離的に遠い場所に住んでいる人でも伝えることは大切、その時には無理に会おうとしないでハガキなどでの連絡も良いでしょう。
改めて別途日程を設けて報告する場を用意するのは大変なこと、どちらにしても後回しにはしないようにすることです。

アットホームスタイルの家族婚だからこそ喜ばれる演出

少人数で気心の知れているメンバだけだからこそ、家族婚では喜ばれる演出にもちらを注ぎたいところです。
両家の親族とも大変地下距離で接することになるので、もてなしも手厚くすることができます。
そこで親族に対して一人ひとり、素敵なプロフィールでの紹介をするの協力の成果としてウェディングケーキを完成させるのも良いでしょう。
世界中にたった一つのケーキを皆で作る喜びは格別なもの、ケーキは生クリームのみ塗布済みであれば、あとは招待客がデコレーションをして仕上げる流れです。
家族婚は人数が少ないですから、ゲームを全員参加型で行うのも良いでしょう。大規模ウエディングとは違い人数がわずかですから、新郎新婦が直接みんなと会話を楽しめる時間が長いです。
それを考慮して2人で全部のテーブルをまわり、余裕のある会話を楽しむことも嬉しい演出になります。定番ではありますが涙なしではいられない、美しい花嫁による両親への手紙も素敵な喜ばれる演出です。

家族婚の出席者に招待されるのは基本的に身内だけ

家族婚とは結婚式において、親族や身内だけを招待して行われる婚礼のことです。つまり友人や知人、同僚などは招待されず、家族や親戚だけが出席する形式です。
このような婚礼では出席者も親族に限定されるため、式場や会場の規模も小さく、華やかな演出やプログラムを取り入れることができます。親族同士の絆を深める場としても機能し、結婚式後も親族同士の交流が続くことが多いです。
出席者には新郎・新婦の両親や兄弟姉妹、祖父母や叔父・叔母、従兄弟など、血縁者が多く含まれます。結婚式のスタイルや規模によっては親族以外にも、親しい友人や知人を招待することもあります。ただし家族婚では身内だけに限定することが一般的で招待する人数も抑えられます。
親族同士のつながりが強い家族婚では新郎・新婦や親族同士の交流がより深まります。また、親族同士の思い出やエピソードを共有することで、新郎・新婦の出自や家族の歴史を知ることができます。さらに家族婚は新郎・新婦が一生のパートナーを選ぶ重要な節目でもあるのです。